胸筋を鍛えて垂れないバストアップを目指す

女性の中には胸が小さいことについて、1人で悩みを抱えている人も多いものです。

 

また若いころはハリや弾力があった小さな胸でも、

20歳を過ぎたころから少しずつ重力に負けて胸の位置が下がってきてしまう

という悩みもでてきます。

 

美容に興味や関心のある女性なら、いつまでも若々しく美しい胸を維持していたいものです。

 

 

垂れないバストのために

この悩みの解消方法は

胸筋を鍛える体操が最も即効性

があって期待ができます。どれだけ胸に良い食品を摂取しても、胸の脂肪を支える大胸筋を鍛えてあげなければ垂れてしまいます。

 

チェックバストアップに効果的な体操のやり方は、

  1. まず床に両手をついて、腕を肩幅よりもやや広めに広げます
  2. 息を吐きながら、ひじを大きく曲げていき顎が床につくくらいまでからだを落とします
  3. 次に、粋をゆっくりと吐きながら、肘を伸ばしてからだを元の位置まで戻します

これを毎日15回×2セットで行うようにします。ポイントは

 

腕の筋肉でからだを起こすのではなく、胸の筋肉をしっかりと意識して行う

 

ことが大切です。もうひとつは、

  • 胸の前で両手の手のひらを合わせます
  • ひじを張って、胸の筋肉を意識しながら手と手を押し合います

これを毎日15秒2セットおこなうようにすると、小さくても重力に負けない胸をつくることができます。

 

 

胸大きくなりたい...ならこの方法!