小島慶子さんのオールナイトニッポンGOLDでのトーク

2013年04月03日に放送された

 

「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」

 

で、元TBSアナウンサーの小島さんが女性のカラダのコンプレックスについて本音で語られています。

 

ここではチョットだけご紹介しますね。

 

リスナーからの質問メールに対して回答する形ですね。

 

「私は今度中学3年になるのですが、胸が小さくて悩んでいます。

小島さんは私ぐらいのとは、こんなことで悩んだりしましたか?」

悩んだよ〜。私、今40歳だけど子供も2人いて授乳もしたけど、まだ悩んでる。

オッパイってあんまり小さいと、服が似合わなかったりとか、ちょっと引け目感じたりとかある。
だから、今更私はこの胸で誰かをおびき寄せようっていうチャンスも意欲もないけど、もうちょっと胸があったら胸元の開いた服とかカッコ良いのになぁ、とか...。
もうちょっと女としての自意識の持ちようが違った気がする、とか。いまだにソンナ気持ちありますからね、アナタの気持ちよく分かります。
私、中3のときとか、まだブラいらないくらいだった、小さくて。「一応、着けておこうかな」くらいでした。本当に気持ち良く分かります。

でもね、大人になって気がついたのは、女の人にとっての理想のボディって、男の人にとってはそんな理想じゃないということ。
健康ランドとか大きいお風呂に行くときあるよね、そういう時に周りを見て。完璧な体の女、一人もいない。
一人も完璧な体の人はいないけど、そこが温泉宿だったりすると、彼氏と来てたりするわけ。
あるいは、夫婦とかね。そうすると、その女性の体を『素敵だ。君は世界で一番素敵だ』って男の人がいるのよ、必ず。
私の旦那さんもそうだし、誰かの恋人もそうだし。みんな、その女の人は自分にとって特別な人なんだって男の人は思ってるわけね。

さらには、以下のように語っていました。

その女の人を大浴場で見てみると、決して完璧な体ではないし、全然、完璧な体ではないの(笑)、もちろん自分を含めてね。そう思うと、男性の人って寛容だなぁって思うよ。女が女性誌を見ながら、『ウェストはくびれて...』とか、『胸はピンってして...』とか、こうでなきゃいけないって思い込んでる理想のボディって、多分、男の人の理想のボディとは違うものだと思うんです。

きっと私達が思いも寄らないような、小さなところとか思いも寄らないようなポイントで、男性は女性のことを綺麗だと思ったり可愛いと思ったり、愛着が湧いたりしてると思う。だから、安心して良いんだと思います
だから、『胸の小さい私は調子に乗っちゃいけない』とか、『こんな胸が小さいから、きっと嫌われるに違いない』とか、あんまり思わなくていいみたいです。

それを10代のときに気づいてればなぁって思ってます。このことに気づいたのは、30代の終わりになったころです。今気づいたからって、何の得にもならないって時期に気づいたんですけど、ぜひ参考にしてください。男の人と恋愛をするときに

 

と熱く語られたそうです。

 

 

胸大きくなりたい...ならこの方法!